Usual Photograph


衝動的に写真を撮ってしまう。撮らずにはいられない。色に惹かれて撮る。形に惹かれて撮る。状況の異常さに惹かれて撮る。何でもない状況のその何でもなさに惹かれて撮る。雑草が愛おしくて撮る。小石の形が良くて撮る。小石の形が良くなくても撮る。大きい石はいろんな角度から撮る。手袋が落ちてたら撮る。人形が落ちてたら撮る。何も落ちてない路上の大人っぽい雰囲気に惹かれて撮る。メカの複雑さに惹かれて撮る。ちぐはぐな組み合わせに惹かれて撮る。楽しい時間を忘れないために撮る。出会った人のことを忘れないために撮る。お酒を飲んで記憶をなくした時のために撮る。友人が酔っぱらった状態を撮る。友人がワイングラスを倒したら撮る。友人が怪我をしたら撮る。ただ手持ちぶさたで撮る。緊張をほぐすために撮る。いつか絵のモチーフとして使おうと思って撮る。資料として撮るものと構図を意識したものともうひとつ別の構図のものと広角のものとズームのものと同じ場所を何枚も撮る。部屋が散らかってたら撮る。部屋が片づくプロセスを撮る。梱包前に撮る。梱包途中も撮る。きれいに梱包できたら撮る。食べる前に撮る。全体を撮る。マクロで撮る。食べ終わったら撮る。レンズのゴミなど関係ない。考える前に体が動いてる。手ブレだけはしないように脇は締める。しかし体ブレまでは補正されない。デジカメのおかげで撮ることを我慢しなくて良くなったかわりに、整理が大変になった。今まで撮った写真が突然消えてしまったら…と考えると夜も眠れない。というわけで、日々増殖し続ける写真を少しずつ整理できればと思い、ブログの力を借りることにした。最近は車に轢かれないように気をつけるようにしている。

(水野健一郎/2010年4月25日)


I take many photographs impulsively. My body moves before I think. The control is already impossible. I do not mind it even if garbage is in the lens of the camera. I do not have the money to buy a new camera. I am a nameless painter. I am not a professional photographer. I leave the position to the impulse that I want to merely take and leave the position. Please watch the photograph which I took if you want to know the movement of my heart. My life appears in the photograph. There is space in my very narrow home range. When I came to think about death, I came to think that I should have arranged the photograph which I took. I do not want to yet die. However, I do not understand when the death comes. I thank scenery shining around me, things, friends, a family, animals, buildings and life of all normal. I want to eat the cheek of the girl who is crying in the dark. I hope that this trifling peace continues forever.


2010年11月9日火曜日

20100508

0 件のコメント:

コメントを投稿